1ヶ月後も不透明な今。『転職活動』よりも、自分の可能性を広げる『種まき活動』を

新型コロナの感染拡大、緊急事態宣言、活動自粛。ほんの数ヶ月前には思いもしなかった状況になっています。

活動自粛をし、コロナの影響を踏まえた社内の状況をふまえ、転職活動の相談をいただくケースもでてきました。

今のタイミングで転職活動をすべきか?

コロナの影響で、求人掲載STOPなど企業の採用活動も大きく変化しています。

少なくとも、今のタイミングで転職することをゴールにした転職活動を行うことは慎重に考えた方がよいです。
 
 

自分の可能性を広げる『種まき活動』を

一方で、より不確実な状況になっている中で「今のままでいいのか?」という気持ちになる方がいるのもとてもわかります。
その場合、ゴールが転職ではなく、自分の可能性を広げる『種まき活動』を意識してみてはいかがでしょうか?

今の会社で学べることを考えてみる

これまでやろうと思ってできてなかった新しいスキル取得の勉強をはじめてみる

転職サイトに登録してスカウトを受けとる

 
 

スカウトを受けとる意味

転職することがゴールの活動は慎重に考えた方がいいです。一方で、『自社で頑張る』以外のカードが選択できる可能性を捨てることも、この不確実な状況下では得策ではありません。

転職サービスに登録していれば、企業からスカウトを受けとれる可能性があります。最初に登録内容の入力をする必要はありますが、毎日アクションが必要なわけではないので、登録はしておく。できれば求人数の多い大手などで2~3つの転職サービスに登録して、可能性を広げる『種まき活動』をするのがオススメです。
 
 
最後に
いくつか転職サービスに登録する1つに、LiBzCAREERを紹介させてください。
LiBzCAREERは大手転職サービスと比較すると求人数は少ないですが、女性のライフイベントも含めたキャリアに理解のある企業の求人を掲載している、働く女性特化の転職サービスです。

LiBzCAREERのポイント

働く女性に特化した転職サービス
女性のライフイベントに理解ある企業が掲載、未来を見据えた仕事探しができます
約20万人の女性が利用、サービス開始6年、多くの女性の転職を支援

 
▼登録はこちらから