「求人モヤモヤ」そのままはNG!~ミスマッチを防ぐために、面接で意識したいポイント~

緊張する面接……特に求人内容について疑問や気になることがあっても、なかなか質問し辛いかと思います。
しかし、モヤモヤをそのままにしておくのは危険!

まず、求人情報だけで実務内容のギャップを見極めるということは、なかなか難しいです。
しかし、面接はその求人情報との間にある足りないピースを埋めるもの。面接で疑問や気になることを適切にヒヤリングすることで、そのズレは解消できます。そうすれば、選考中の自分の認識はほぼ変わることはありません。

モヤモヤしたまま選考が進んで無事内定が出たとしても、入社後のミスマッチに苦しんでしまいます。そうならないためにも質問はしっかりとしておくべきです。
もし万が一、求人内容に関して自分の認識が変わることがあったとしたら、選考中から認識をするまでのタイミングで組織の情報が変わったということ。
それは不可抗力で仕方のないことですが、「自分が携わる領域だけでなく会社の組織の状態をしっかり見る」ということは大切です。

人材の営業の上級者がやっていること

組織の状態を見るとい部分で一番有効なのは、会社の過去・現在の組織の状況を聞き、未来を想像することです。
「1,2年前はどういった状況だったのですか?」「どういった判断を経てこうなったのですか?」というようなことを聞くと、次のステップが見えてきます。
その中で今自分がそのピースにあてはまるか、入社して働いてからどのような組織変貌を遂げているのかを考えてみるのです。

ちなみに人材の営業の上級者がやっていることなので、これらを聞くのははなかなか難しいですが、過去・現在を聞くことで安心できると思います。
「できたら◎」くらいに、頭の片隅で意識しておきましょう。

LiBzCAREERは「頑張ってきたあなただからこそ、選べる働き方がある」をモットーにキャリアもプライベートも頑張る女性を応援する転職サービス。
女性の働き方に理解のある企業の求人情報を多数掲載しています。

▼《3月開催》20代~30代前半必見の履歴書・職務経歴書セミナーやります! 転職のプロ目線のポイントをおさえて、無敵の履歴書・職務経歴書で書類選考を突破しましょう!

《20代~30代前半必見!》3/22(木)夜開催!履歴書・職務経歴書のPOINT&相談セミナー
>>詳しくはこちら