最終目標、管理職。《転職×マネジメント経験の必要性と道のりのはなし》

最終目標は管理職。マネジメント経験は必須?

現在、20代前半。営業のメンバーとして働いています。
将来の目標として、最終的には管理職に就きたいと思っています。ただ、今の時点では営業スキルはあるものの、マネジメント経験がありません。
管理職に就くためには、マネジメント経験は必須なのでしょうか?
また、未経験でマネジメント職への転職は可能でしょうか?

2,000人以上の働く女性のキャリアカウンセリングを行った村上が、その悩みにお答えします。

.

LiBzCAREER公認の転職エージェント、LiBzPARTNERSの村上です。

村上-Murakami-
法政大学キャリアデザイン学部を卒業後、ゲームプランナーを経験。終電帰りの毎日を楽しみつつ仕事をするも、体調を崩し”働く”について考えるきっかけに。その後、大手人材紹介会社を経て株式会社LiBに入社。事業企画やキャリアアドバイザーとして従事。これまでに2,000人以上の働く女性のキャリアカウンセリングを行う。

.

正直なところ、いきなりマネジメント職での転職は難しいです。
ただ、いきなりではなくコツコツと確実に上にあがっていくという道があります。

たとえば、中小企業の営業組織は生え抜き方式で上にあがっていくという構図になっていることが多いです。
営業メンバーでナンバーワンになった人は、必要なスキルや知識などを持ち合わせていればリーダー、さらにマネージャーと昇進できる可能性は高いといえます。

したがって、本当に現職の企業で管理職に就ける可能性が低いと判断したのであれば、上に上がれる可能性のある会社に早めに転職して、営業のメンバーからやり直すことをおすすめします。

◇大手で管理職のポジションに就きたい◇

大手の会社は組織が既に出来上がっています。リーダー職から上はスキルの横展開というものがなく、職務の指導などを行うことがありません。
大手で管理職に就きたいと考えているのなら、「必要なスキルを持ちながら業績を保ってきた」というレジュメが必要となります。

◇将来、子どもを持つことを考えている場合◇

将来管理職に就くことの実現可能性を考えると、出産前までにマネジメント経験はあった方がいいです。
実際、産後に時短で営業メンバーでがんばるということは本当に難しく、マネジメント職に上がる前に脱落しやすいのも事実。
ただ、“マネジメント経験必須”の観点からいうと、リミットは決まってはいないと分析します。
将来の目標に対する道のりと、理想とするライフイベントのタイミングをしっかりすり合わせることが大事です。

転職タイミング、「今すぐ」じゃなくても大丈夫。少しでも、今後のキャリアの助けに。

▼3月も無料セミナー開催します。それぞれのページ内よりお申し込みください。

《20代向け!3/10・3/21開催》20代のうちにしておくべきこと、つけたいスキルを学ぶ
>>詳しくはこちら

《30代向け!3/24開催》決断の多い30代からの!賢いキャリアの歩み方
>>詳しくはこちら