【転職活動ガイドブック】その2:転職活動をする上での“軸”を決める

はじめに

転職活動をする上で大切なことは、書類の準備や面接の対策だけではありません。一番大切なのは「自分は何を求め、なぜ転職するのか」という自分の中の“軸”をしっかりと把握しているかどうか。

自分が目指すものは何なのか? 新しい環境でどんなことをしたいのか? そういった根本的な部分をきちんと理解して、転職活動の方向性を定めていきましょう。
  

“軸”を知るためにすべきこと

①「なぜ転職したいのか?」を考える

改めて自分に問いかけてみてください。「なぜ私は転職したいのか?」

やりたい仕事や目指すべき目標に向かってステップアップしていくため、もっと自分のスキルを活かしたいという向上心から、現職でどうしても改善できない(されない)状況を変えるためなど、理由は様々だと思います。しかし、転職の目的を自分の中で明らかにすることで、企業を選ぶ条件が絞られます。

②自分の希望を整理する

給与や待遇はもちろん、業務内容やポジション、勤務地や勤務時間など、自分が希望する条件を整理しましょう。

自分の希望を洗い出した上で、優先順位を考えて絞り込みます。条件に対して完璧にマッチした会社と出会えるとは限らないので、どんな部分ならば許容できて、どんな部分が譲れないのかをしっかりと分けていきます。

③目標を設定する

ここまできたら、次の会社で働くビジョンが徐々に明確になってきていると思います。最後に、転職先で達成すべき目標を設定します。

キャリアに関するものでも、プライベートのものでも構いません。1年後、5年後、10年後、その会社に入社したことで自分はどんな人間になっているのか(あるいは、なっていたいのか)を想像し、目標を定めましょう。

目標とする自分になるために必要な経験やスキルなども把握しておけば、「転職後に何をすべきか」ということも具体的に挙げることができ、少しずつでもアクションしていくことができますね。

まとめ

中途採用は新卒採用のように期限が決まっているわけではありません。だからこそ、しっかりと自分の“軸”を持って臨む必要があります。戦略や目標を持たずに、ダラダラと活動を続けているようでは、チャンスを掴めずに後悔することもあるでしょう。

自分が大切にしたいものを大切にしてくれる企業と出会うためにも、自分の中で優先すべきものをしっかりと把握しておきましょう。

▼関連コラム

“なりたい自分”を叶えるべく、キャリアプランニングはしっかりと!

>>詳しくはこちら