【Q&A】アラサー女子に贈る転職指南書 その8「転職に有利なのは、専門性のあるスキル?汎用性のあるスキル?」

ペッパーことライフキャリアパートナー松澤祥子がお答えする、アラサー女子に役立つ転職指南書。
 
 

 
転職に有利なのは、専門性のあるスキル? 汎用性のあるスキル?
 

 
あなたが何をやりたいか、によって異なりますが、LiBでお伝えしているキャリアのピラミッドでは、まず、キャリアの土台として汎用性のあるスキルを身に着け、それから、専門性を積み上げていきましょうとお伝えしています。
なるべく早い段階で、汎用性のあるポータブルスキルを身に着けることで、将来の選択肢が広がります。その上に、あなたが得意とする分野の専門スキルを積み上げることで、将来どこにいっても重宝される人材となることができます。
 

 
転職に有利という観点でいうと、年代によっても異なる印象です。20代のうちは汎用性のあるスキルが高ければ希望の転職が叶っている方が多いです。30代になると、専門性のあるスキルが高いことが必要となってくる傾向にあります。
 
◀︎【Q&A】をもっと見る
 

 

 

■ お答えしたのは ■
LiBzPARTNERS
ライフキャリアパートナー 松澤祥子

早稲田大学卒業後、英会話のECCへ入社。
「英語を話せるようになりたい」というお客様の目標達成のために楽しんで継続学習ができるようなサポートを実施。
入社10ヶ月でスクールマネージャーへ最年少で昇格。3年半バリバリ働き新規スクールを黒字化させた後、結婚、妊娠、出産。 二度の育児休暇をつかってコーチングと才能心理学を学び、才能心理学協会認定講師になる。
才能開発コンサルティングを習得し、求職者の才能を分析しながら転職者に寄り添ったサポートを強みとする。

◀︎【Q&A】をもっと見る